hibikole ヒビコレ

頭ゆるます 心ゆるまる 〜フォーカシングヘッドスパ スクール〜
hibikole[ ヒビコレ ]

BLOG

2018-02-27
フォーカシングヘッドスパがうまれた理由。

【フォーカシングヘッドスパがうまれた理由。】

特別なことはしていません。
毎日コツコツとお客さまの

『困ったこと』

に向き合ってきた美容師が
髪の毛とか、生えグセとか、似合うヘアスタイルって?とかを追求していったら、頭の骨格への疑問にたどり着いた。

 

頭の骨格を追求していったら、
頭の皮膚とかの変化に疑問を抱き始めて。

 

それらをたどっていったら
お客さまの個性あふれる声が集まってきて。

 

『私に似合うヘアスタイルにしてください』
とお任せのオーダーが多くなってくると、美容師としての責任がもっとうまれてきて。

 

お客さまが今よりもラクチンになるには、どうしたらよいの?
似合うヘアスタイルを提供できることと、安心して美容院の椅子に腰掛けていただくには?
問い続けるといろいろなものごとが必要になってきて。

 

そうやって毎日の疑問を追求していったら
頭の骨格を理解し、
カットの技を変化させていくことで答えを出すことができていき、
ラクチン似合うヘアスタイルがつくれるようになってゆき、
リピートが増え、
お客さまと仲良くなっていくと、
心の声を伝えてくださるようになり、

そうやってアンチエイジングと癒しを追求していったら、
皮膚と頭蓋骨の間の筋肉のハリに疑問を持ち始め、
頭と心をゆるませる、
フォーカシングヘッドスパのテクニックがうまれました。

 

生み出すまでに年月はかなりかかったけれど。

 

お客さまが身を任せてサロンで熟睡してくださり
似合うヘアスタイルを提供できる美容師になることができて、自信がもてる。

 

とても良いヘッドスパがうまれてくれたと思っています。

 

〜頭ゆるます 心ゆるまる〜
hibikole FOCUSING HEAD SPA School

2018-01-22
FOCUSING HEAD SPA School in長野

本日は長野にて フォーカシング ヘッドスパ スクールday2を行なって参りました。

こちらの生徒さんの授業は、day5までございます。

 

もともとヘッドスパに想いを込めてメニュー展開をされているサロンさまですが、さらにヘッドスパを極めたい!と、フォーカシングヘッドスパスクールを選んでくださいました。

お客さまの体調や悩みに合わせて、これからのヘッドスパを進化させていきたい。などのご要望もございました。

 

 

カトウはサロンオーナーさまと、まず事前に電話やラインにてサロン写真などを送っていただいたり、私がサロンに出向いたりして、事前にヒアリングとコンサルテーションを行なっています。

 

なぜ、事前ヒアリングや事前コンサルテーションを行うのかといいますと。。。

サロンさまの課題を伺い、強みを発見し、確実にフォーカシングヘッドスパの技術を手に入れていただき、未来に活力と希望をお届けしたいからです。

 

ヘッドスパという言葉は、世の中に浸透してまいりましたが、

・どんなヘッドスパがサロンのお客さまから支持を得られているのか?

・気持ちよいと実感していただくヘッドスパの答え合わせが、できているのか?

・ヘッドスパがこれから、なぜサロンに必要になってくるのか?

これらにきちんと言葉や技術を返せる美容師さんは、まだまだ少ないです。

 

フォーカシングヘッドスパは、特別な技術です。

音楽を奏でるかのように。。。

心と身体ぜーんぶを使って体得してくださいませ。

 

 

生徒さん手作りのランチをご馳走になりました。

美味しすぎて、嬉しすぎて、、、

会話に花が咲きます^ ^

2018-01-21
感覚の体感トレーニング。

私の店には、いろいろなところに備長炭を置いてます。

備長炭の期待される効果などは、ちまたにたくさんの情報が流れておりますので、お客さまから時おりご質問をいただきます。

「ね、備長炭って、いいの?」

すごくシンプルな質問です。いいの?とご質問いただいたらまずは、いいですよ。とお伝えします。

 

 

私はお客さまからの、いいの?の質問に、心の中でたくさんの疑問をいだきはじめます。

(備長炭が気になるってことは、、、その効果?用途?インテリア?なんだろか?)

同時に、お客さまに質問をいたします。

『備長炭を何かに使いたいんですか?』

「使うというか、○○でね〜、、」

 

こーゆう会話の流れ、大好きです。この流れから、お客さまのライフスタイルのヒントを戴けるチャンスがたくさんあるので、わざとらしくなくて柔らかくて、好きです。

(あ、お客さまの個性によっては、直球質問でお伺いいたしますが。。)

 

 

観察という表現は的確ではないかもしれませんが、お客さまとの会話を私は自分のもう一つの目線で客観的に聴き、感覚の体感トレーニングをしています。

 

 

そのような感覚の体感を基に、備長炭が気になるというお客さまとの会話から、ヘアスタイルやメニューの提案をお伝えしていくと、、、

お客さまはとても嬉しそうに私の提案を受け入れてくださいます^ ^

2018-01-19
基準値を上げていく。

とても綺麗にたたんである、タオル。

加藤の先輩の美容師さんがたたむタオルは見た目はとても美しく、よい香りがして、触るとふかふか。

 

絶対に、お客さまは気持ちよいはず。。。

 

先輩はおひとりでサロンを営んでいて、いつも満席で、常にサロンは気持ちよく綺麗な空気がながれている。

私はそこの待合のソファーにすわるだけで、脱力します。

それはとっても心地良い脱力です。病み付きになるくらい。。笑

 

 そんな気が流れる店でいたいなーと、いつも見習っています。

 

 

お客さまは、色々なところで気持ち良い体験をして、自分の居心地の良い場所を探していらっしゃるから、自分に合っているかの選ぶ目をお持ちです。

良いと感じる店、良いと感じる人との出会いを、とても喜んでくださる。

 

36歳くらいの時に、新規の40歳の女性のお客さまが私に伝えてくださった言葉が、とても印象的でした。

『やっと、オトナの美容師さんに出会えたわ』

とても嬉しそうにおっしゃってくださったので、理由を伺ってみましたら。。。

大人の対応ができない美容師さんばかりで、疲れた。

余分が多すぎる。

など、、、

 

ちょっと背伸びをすることが好きな性格の私の対応は、そのお客さまには気持ち良く感じていただけたのかもしれません。

新規のお客さまに目線をあわせるのは、とても大変なことですが、、、

そんな時のためにも、普段から自分の目指す基準値を、意識して上げておくことはとても大切!と、感じました。

その体験のひとつひとつが積み重なって身体に入っていけば、相手さまへ安心感となって伝わっていきます。

 

今でもそのお客さまには、ごひいきにして戴いております。

 

感謝。

2018-01-08
頼れる花屋さんが居るという、安心感。

信頼している友人から、お花やさんを紹介して戴いてから、かれこれ4年か5年かな??

そのあたりの記憶は曖昧だけど、、、

いつも私たちに「新鮮な今」を届けてくださいます。

 

 

私が美容室をオープンしてからずっと、「自分の店に生の切花を活けておく。」という憧れがありました。

 

切花は高いし、夏は日持ちしないし、、、

でも、お花を見ているととても心が休まります^ ^

 

最初は近所のお花屋さんに出向いて自分で購入して活けていましたが、高齢のためお店を閉められたので、可愛い!と評判のお花やさんにお願いして定期的に活けにきてもらうことにしました。

が、、、。

1年くらい経ってから、、、

お花への愛?お客さんである店への想い?

それらが全く見えてこなくなり、、、。お花からも感じることができなくなり。とってもかなしく残念な気持ちになり、オーナーに連絡をして活けなおしをしていただいたら。

 

すっごく良かった。。。

 

あれ???あれれ???こーゆうのって、なんかダメかも。と、私の感覚がさまよっていた時に出会ったのが、お花やさんのアキラちゃん。

(今、こうやってブログを打ちながら、ハッ!としている私がいますが、、、それは一旦横に置いといて。。)

 

 

アキラちゃんの活けるお花は生きているの。

お花から設えの大切さや、楽しさ、生活の基本みたいなのを感じれたら、、、

言葉で例えるなら。

ちゃんとお利口さんになれる自分向上に繋がる、いろんな発見がある!(長っ!)

 

生ものは腐ります。

腐るのは、生きているから。

生活の中で熟していく最中を目の当たりで関り、そこを面倒くさがらずに、関わり続ける大切さをシエスタのスタッフが感じてくれたら。

そしてお客さまに五感で美容院を楽しんで戴きたく。

 

 

そーゆうのを全て含めての。自分のお店に「切花を飾る」という憧れが、私の中にありました。

 

 

今もお店に切花を飾り続けられているのは、嬉しい限りです。

 

2018-01-05
手にとる本から自分の感情を俯瞰してみる。

今の自分の『感覚』を探したい時とかに、選ぶ本から辿ることをしたりします。

お正月休み中にのチョイスは、この2冊。

 

ブッタの言葉の表装の、赤とゴールドの質感が、すごく好き。そして年末に観た、紅白歌合戦の椎名林檎ちゃんのお着物のインパクトが残っていたのもあるかもしれませんが。。。

 

超訳されているからとても読みやすいです。今の私には、読みやすいくらいが丁度良い。

 

秋山木工さんの本は、読みながらイメージの中で自分もそこの現場に参加してみて、あれこれといろいろな色々をふくらませたりしていましたが、

事実に優るものはなし。

作られた家具などに触れに行く旅を、したいなーと思いました。

木を削る音や質感。

ノミのヒンヤリとした重さや硬さからの変化。

工房の空気や音を感じたり。

 

そんなイメージづくりは、私の過去の体験をかき集めただけのもの。

 

「君よ、君自身から自由になるために。」

 

^_^

2017-12-05
ヘッドスパができること

【ヘッドスパができること】

 

このキャッチコピーを考えていたとき
ヘッドスパができることって
たくさんあるなー。
そんな可能性の豊富さを毎日、確かめています。

 

 

『あなたにシャンプーしてもらうと、すごく元気が出るわ』
『仕事でイヤなことあったけど、可愛く気持ちよくしてもらったら、仕事に行きたくなっちゃった
♩』

 

ご来店戴いたお客さまから
このような言葉を頂戴した時。

あー。良かったー!っていつも思っています。

 

自分の技術をアピールするだけの時代は、とっくに終わりました。

 

お客さまは正直です。
嬉しい気持ちになれば再び。
あなたに会いにご来店くださいますから^ ^

 

2017-12-03
生徒さんのブログをご紹介します♩

近々サロンを出される女性美容師さんが、サロンの主力メニューにヘッドスパを!と、フォーカシングヘッドスパテクニカルコースを受講されました。

あやこさんのブログを、ご紹介しますね^ ^

https://ameblo.jp/ka1118ono/entry-12330119577.html

 

70名の方にご協力して戴いてたのですね!

「とにかく練習して、手感覚を体得してください。モデルさん、探してくださいねー」

と、お伝えしました。

 

頭の形は、千差万別。みなさん、めちゃめちゃ個性があります。

その個性を指が知ることで、オーダーメイドのヘッドスパをご提供させていただけるようになりますよ^ ^

 

あやこさんとお客さまとの信頼関係が、より豊かになりますように☆

 

 

 

2017-11-27
目覚めスッキリタイプのフォーカシングヘッドスパをいたしました。

先日私のサロンに、伊藤健太さんと    http://festivo.org/supporter/4951 

FP(ファイナンシャルプランナー)兼写真家の谷亮磨さん                     https://ameblo.jp/fp-ryoma/entry-12331065186.html 

がお越しくださいました。

 

おふたりとも。。。

ぼんやりむくんだお顔で。。。

めちゃめちゃお疲れでした。。。

 

その日のスケジュールをお伺いしたら、(o_o)超ハードスケジュール!

スタッフの山本と共に眠たくなるフィニッシュではなく、すっきり!爽快!で一日を過ごせるように、『目覚め覚醒タイプのフォーカシングヘッドスパを行なおう!』と決定し、おふたりの施術をさせていただきました。

 

 

その日の様子を、フェイスブックでご紹介くださいました^ ^

 

よかったー♡

山本とひと安心いたしました^ ^

2017-11-20
観覧してまいりました。

特別展をチェックしておらず、最終日に近づいてきていて。。。

観に行って参りました。

レオナルド氏とミケランジェロ氏の特別展。

いつも観覧の際には列に順じない私です。(もちろん、周りにご迷惑をかけないようには心がけておりまーす)

 

今回もあっちへ行き、こっちへ行きといろいろな角度から自由に観覧してきました。

 

最後の展示は写真撮影オッケーの彫刻展示でした。

私は気になっていたことがありました。

3メートルほどの大きい彫刻の像を、ほっとんどの方が正面からしか観ていないのです。立体の彫刻を正面からのみ観覧。みなさん、列を最後まで乱さない。。。

私は自分が感じた検証を行ってみました。

彫刻の周りをじーっと。うろうろと。じーっと。うろうろと。じーっと。うろうろと。

そんな動作を繰り返してしていたら。

5分後くらいには彫刻の周りは人集りになり、みなさんうろうろと自由に動いて観覧なさってました^ ^

 

 

アフターは、甘いモノをいただきながらー

息子と感想をシェア^ ^